家と庭のバランスがとれるように

父が買ってくれた中古住宅は本当に立派な造りで、50年でも100年でも住めるんじゃないかと思うほど頑丈な鉄筋の家です。大きな家というだけでなく洒落たデザインと珍しい間取りの家なので新築で建てたらとんでもない金額の家です。
絶対に新築で購入することはできない家だけど父が頑張って中古で購入してくれました。何もかもが気に入りお金持ちのお嬢様にでもなったかのような気分にさせてくれる家です。
非の打ち所のない家ですが庭に関してはいろいろあってお金が予想外にかかりました。庭をそのまま放置しておくと家とのバランスが悪いため芝生を植えることになったのですが、家族だけでこの作業をするのは無理があったのです。
だけど父にこれ以上無理をさせるわけにはいかないと、芝を敷き詰めるのも玉砂利を敷き詰めるのも全部自分たちの手で行いました。私も母も腰が痛くなって大変でしたが、家にいる時間が長い私と母でなんとか家とのバランスがとれる庭に仕上げましたよ。