戸建て住宅を購入する際の土地選び

注文住宅を建築することは何よりも夢だったのですが、土地もまだ見つかっていない状況でしたし、土地自体にどういった法律があるのかというとことも全くわからないような状況でした。私が幼少の頃にアパートから一戸建て住宅に引っ越しをしたのですが、その土地が市街化調整区域でした。土地の値段は安いものの、ライフラインはあまり整っておらず、商店も少ないのでその点では不便に感じていましたが、今では車社会ですし近くに大型のスーパーもありますから、あまり不便することはありません。
自分が自ら家を建てたいと思った時に様々な土地を見て回ったのですが、やはり法律による規制で建物が小さくなってしまうということが多々あるのだと感じました。例えば総2階建て以上の建築物を建ててはいけない土地もありますし、その逆にかなり大きな建物を作れる地域もあります。大きな建物を建てれる地域は、戸建て住宅を選んでしまった場合に採光が入らず苦労するかもしれません。さらに便利な地域でも古い建物の場合には、再建築するとセットバックしなければならない可能性もあるので、よくよく考えて土地を購入し一戸建て住宅を建てるべきだと思います。